消費者価値観調査

CONSUMER VALUES SURVEY

現文研では、消費者の自社ブランド・商品などに対する購入行動や評価などが、どのような「属性」「考え方」や「ライフスタイル」と関連しているのかを明らかにすることによって、貴社のマーケティング活動における、より適切な「セグメンテーション」「ターゲティング」と「ポジショニング」の実施を「科学的に」支援いたします。

消費者価値観・ライフスタイル調査の事例

課題 現文研の改善案
市場調査をチェックしながら販促活動を実施しているのに、なかなか売り上げが上昇しない
より適正なサンプリングに基づく消費者調査を実施し、当該商品に関する消費者ターゲットを特定します。このことにより、訴求すべきターゲットに適したメディアも把握できます。
なるべく現在のプロモーション効果を維持しつつ、活動にかかるコストを削減したい
多様な分析手法を活用し、より適正にターゲットを特定することで、非ターゲットにかけている非効率なプロモーションの費用削減が可能になります
消費者の「生活実態」も意識しながら、市場ボリュームもつかみたい
定量調査にフォーカスグループインタビューやデプスインタビューなど定性調査を埋め込む形で、「質」と「量」の両側面から市場の構造を明らかにします
現在ある商品・サービスに対する将来の売上動向を把握したい
総務省・厚労省などが提供しているマクロ統計データと消費者調査結果を複合的に利用して解析することで、ある商品・サービスに対する売上の将来予測を実施します

調査の最終目的は、
現在と将来のマーケティング活動の改善

効果的にマーケティング活動を構築するためには、消費者の生活と行動の現在と将来を俯瞰しつつ、「誰に」「何を」「どのように」売り込むのかを明確化する必要があります

現在

現在の消費行動は、消費者のどのような背景要因の積み重ねで形成されているのかを定量的に把握

2030年

将来にかけて、消費者の背景要因が変化することで、価値観と消費行動がどのように変化するのかをシミュレーション

現文研の消費者価値観・ライフスタイル調査の特徴

1. お客様一社一社に最適化されたオーダーメイドの調査設計

一般的な消費者価値観・ライフスタイル調査の考え方・ノウハウをベースとしながらも、お客様の業態、企業風土をよく踏まえた上で、質問票を設計します

2. 消費者の価値観を踏まえつつ、「誰に」「何を」「どのように」を改善するための支援

消費者の価値観を把握することに終始するのではなく、セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングとマーケティング政策の意思決定を支援するためのインサイトを
導出します

3. 多様な定性・定量調査分析手法を駆使してインサイトを導出

消費者の「生活実態」を体系的に捉え、その中での商品・サービスのより効果的な訴求方法を探るため、多様な調査・分析手法群の中からお客様のニーズに沿ったもっとも効果的な調査・分析法を提案させていただきます

【活用できる多様な方法論】

ポイント1

調査技術のプラットフォームとして多様な調査・分析法を取り揃えており、消費者価値観・ライフスタイル調査に関する様々なニーズに対応

ポイント2

調査法の組合せで相乗効果を出すなど、ニーズに即した柔軟なカスタマイズ

ポイント3

社会心理・消費者行動研究の文脈や統計学的な精度に基づく客観性を担保

調査の流れ

主要な実績

大手自動車メーカー様
乗用車保有調査
(時系列・基幹調査)

層別抽出法/訪問留置調査

5000サンプル

カーナビ情報関連財団法人様
カーナビ・ユーザー調査(時系列)

インターネット/訪問留置調査

5000~1万サンプル

ディーラー関連団体
ディーラービジョン作成業務

インターネット調査含む

2000サンプル

ほか、豊富な実績に基づきお客様をサポート致します。
定性調査・定量調査のみ、分析のみの業務も承ります。
また、内容・費用に応じた調査フレームを提案させていただきます。

お問い合わせ・
ご相談

お問い合わせ

03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)

03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)