競合ベンチマーキング

COMPETITIVE RESEARCH

現文研の「競合ベンチマーキング」では、
お客様が気になる競合と比べた「優れたところ」「残念なところ」を
迅速かつ明確に見つけ出し、お客様の改善策立案のお手伝いをいたします

ベンチマーク調査とは?

ベンチマーク調査とは、競合企業の状況を調査することにより、自社の実力を比較分析するための調査

ベンチマーク調査により、自社の現在のポジションを確認し、課題の発見、新しいアイディアの創出、現在行っている取り組みの向上や改善を図ることが可能です

自社の実力の把握とともに、市場のトレンドや消費者のニーズの把握のためには必須の調査といえます

弊社がベンチマーク調査を通じてご提供するもの

よくあるお悩み 弊社にお任せいただくと・・・
お金をかけてベンチマーク調査をやっても、どのようなメリットがあるのかわからない
お客さまの問題解決に直結した調査と分析で、収益アップ、コスト削減に貢献します
ベンチマーク調査結果の見方がわからない
専門スタッフが調査結果の疑問点を丁寧に説明。視覚的/直観的に理解できるビジュアルな資料をご提供
ベンチマーク調査結果の活用方法がわからない
調査結果から今後打ち出すべき経営戦略の策定もお手伝い
ベンチマーク調査をやってみたいが、いくらかかるのか不安
お客様の懐具合に応じたご予算で、質の高い調査を実施

お客様のねらいと調査項目について

調査の手法について

調査はお客様のニーズ、予算、納期に合わせ、適切な手法をご提案いたします

弊社の持つ主な調査手法

1. 基礎調査:デスクリサーチ
弊社が保有する広範(川上~川下)な自動車関連データベースを活用し、基礎情報を抑えるとともに、仮説を抽出し、効率的な調査プロセスを構築
2. マクロ動向把握:官公庁・学識者インタビュー
自動車産業・企業動向に影響を与える政策・規制やメガトレンド動向を把握するために、各国政府自治体の政策担当者、当該分野の有識者等へインタビューを実施
3. ミクロ動向把握:企業インタビュー
1、2で把握した情報を基に、対象企業のベンチマーク分野の各担当部署への直接インタビューを実施 <インタビュー先の事例>経営企画部門、商品企画部門、販売・マーケティング部門、各国現地法人等
4. 店舗ミステリーショッパー(覆面調査)/消費者インタビュー
販売現場の状況や、消費者の反応を現地・現物で確認し、対象企業の戦略の実態・効果等を多面的に把握

弊社の取り組み実績について

弊社は創業から50年間、国内外の多くのお客さまの問題解決に取り組んでまいりました

1. 官公庁様からの主な受託テーマ

中国のエネルギー政策及び主要各社の新エネ車戦略調査研究

中国自動車産業・地場企業の競争力に関する調査分析

中国・インド・ASEANにおける主要完成車メーカーの低価格車戦略

2. 業界団体様からの主な受託テーマ

中国及び韓国メーカーの新興国展開調査

中国における機械、電機・電子、自動車部品・部材のベンダー調査

3. 自動車・部品メーカー様からの主な受託テーマ

競合他社の研究・開発・設計業務:

  • グローバル展開調査
  • 商品開発・技術動向調査
  • 渉外・広報組織体制調査
  • 販売・マーケティング戦略調査
  • BRICs、ASEAN、アフリカ事業展開調査
  • 新興国におけるサプライチェーン実態調査
  • 代替燃料戦略調査
  • EV中古車事業戦略

お問い合わせ・
ご相談

お問い合わせ

03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)

03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)