モビリティソリューションの
ご提案

MOBILITY SOLUTION

現文研のモビリティ産業/政策調査では、CASE(コネクテッド化、自動運転化、シェアサービス化、電動化)の4領域で進む自動車産業の変革の中で、お客様の新たなビジネスモデル構築につなげるために、課題や機会の発見、対策の明確化を実現致します

モビリティ産業/政策調査でこんなお悩みありませんか?

よくあるお悩み 現文研の改善案
モビリティ産業全体の市場規模や今後の見通しをどのように捉えればよいかわからない
各種の統計データ・調査に基いた、現文研独自の分析・予測モデルを活用して、国別・地域別に産業の趨勢を数量的にご提示します
各国/地域のCASE(コネクテッド化、自動運転化、シェアサービス化、電動化)に関する政策動向を収集しているが、今後の政策の方向とそれへの対応策を見極めきれない
現地事情に精通した国内外の有識者ネットワークを通じた情報収集と、現文研で蓄積した調査対象国についての知見に基づき、今後の方向性と対応策をご提示します
CASE(コネクテッド化、自動運転化、シェアサービス化、電動化)の分野における競合他社の戦略・施策をどう評価し、どのような対応策をとればよいかを検討したい
現文研の蓄積している企業データベースと対象企業に絞ったヒアリング調査をふまえ、貴社を含めた比較分析を通じて評価と対応策をご提示します
各国/地域のユーザーのモビリティに対するニーズが十分に把握できず、有効な施策を展開できない
細かくセグメント化したユーザー定量調査とFGIなどインタビュー調査等を通じてニーズを掘り起こし、有効な施策をご提示します

調査の最終目的はモビリティビジネスでの
ベストパフォーマンスの実現

CASE(コネクテッド化、自動運転化、シェアサービス化、電動化)を軸にしたモビリティ産業について現文研で蓄積したデータベースと個別事例についての調査で培った分析ノウハウを組み合わせて仮説を構築し、調査対象をきめ細かく定量・定性調査で仮説を検証する中で、課題解決に向けたベストな道筋を明らかにすることができます。

現文研のモビリティ産業/政策調査の特徴

1. 総合的視点にたった分析を提供

「経済・社会」、「消費者の意識・価値観」、「科学技術」の様々なトレンドとその相互の関係を総合的に捉えてモビリティ・ビジネスへの影響を明確にし、そうした状況の下でのベストパフォーマンスを検討し、提案いたします

2. 定量的分析と「現地現物」の定性情報分析を駆使して多面的な観点から調査

多様な定量データと国内外の有識者ネットワークを通じて得た定性情報を、「時間による変化」と「国/地域による差異」などに着目して比較検討し、お客様の課題と今後の対応を多面的に分析いたします

3. お客様一社一社に最適化されたオーダーメイドの調査設計

お客様の業態、ビジネスモデル、企業風土をよく踏まえた上で調査設計をいたします

お客様が持たれているイシューを明確にし、課題解決を意識した調査設計により、具体的なアクションまで明示いたします

【モビリティ産業の分析イメージ】

調査の流れ

主要な実績

国内大手
乗用車メーカー様 調査

モビリティ・バリューの付加価値分析

国内大手
乗用車メーカー様 調査

中国NEV規制の現状分析と今後の展望

国内大手
乗用車メーカー財団様

地方自治体における「移動の仕組みづくり」
ハンドブック

経済産業省様

南アフリカ自動車産業政策に対する
提言書

ほか、豊富な実績に基づきお客様をサポート致します。

お問い合わせ・
ご相談

お問い合わせ

03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)

03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)