ニュース&モビリティレポート

NEWS & REPORT

2020.09.16

レポート

コロナ禍での交通事故の発生状況-8月

~9月21日(月)から9月30日(水)まで秋の全国交通安全運動実施期間です~

概要

  • 交通事故発生件数は、前年同月に比べ、3月から5月は減少幅が大きくなっていく傾向にあったが、緊急事態宣言が解除された後の6月以降は、前年同月比の減少幅が小さくなり、約80%で推移している。(図表1)
  • 交通事故死者数の年代別比率をみると、40歳代以降は年代が増すにしたがい、比率が上昇する傾向が確認できる。(図表2)

*モニタリング期間:2020年1~8月

当社の視点

  • 8月の移動人口動向の前年同週比は、第1週▲17%、第2週▲20%、第3週▲23%、第4週▲18%といずれも前年を17%以上、下回った。(V-RESASデータより)
  • コロナ禍での移動人口減少により、交通事故が減少していると考えられるが、昨年同様、1~8月の70歳以上の交通事故死者数は、全体の46%を占める。今後も継続した高齢者のための「交通安全の環境づくり」が重要になる。

※ 交通事故が最も多くなる12月まで定点観測を実施

[出典] 警察庁「交通事故統計」、総務省人口推計、V-RESAS(内閣府 地方創生推進室 ビッグデータチーム)

本件のPDF版はこちらからダウンロードして下さい。

◎ 年代別、地域別にみた時系列での交通事故分析が可能です。ご要望の際はお問合せ下さい。

モビリティ情報モニタリングについて

我が国の省庁等、政府系機関からは日々多種多様な情報が発信されます。(株)現代文化研究所はその中から広くモビリティに関する注目情報を所定期間にわたりピックアップ、テーマを設定しその切り口から関連情報を整理し、お伝えするものです。

直近5回の配信内容
第4回 日本の高品質物流サービスを国際規格化して世界で戦う~アセアン地域でのコールドチェーン物流事業を強化・拡大へ~
第5回『ラストマイル自動運転』車両システムガイドライン
第6回 コロナ禍での交通事故の発生状況-7月
第7回 将来の自動運転車両の社会実装化を見据えて助走
第8回 インフラシステム輸出にみるモビリティ技術展開の好機

※取り上げてほしいテーマ/情報等がありましたら、または、ご質問、ご意見は、当ページの右上、または最下部のお問い合わせからお願い致します。

お問い合わせ・
ご相談

お問い合わせ

03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)

03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)