03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)

お問い合わせ

ニュース&モビリティレポート

NEWS & REPORT

2021.08.23

最新情報

コロナ禍での交通事故発生状況-2021年7月

概要

  • 交通事故発生件数は、3月までの減少傾向から4月以降は増加に転じたが、7月は前年同月とほぼ同水準となった(図表1)。
  • 交通事故死者数は、5月まで前年を下回っていたが、6月は昨年と同数になり、7月は前年同月比で39人増の120%となった。(図表2)
  • 緊急事態宣言が発令されている地域もあるが、2019年比での週単位での移動人口減少幅は、4月から7月第3週まで、昨年を下回る傾向となった(図表3)。

  • 都道府県別に人口10万人あたりの交通事故発生件数(1~7月の累計)をみると、最も多いのは、静岡県で303.2件、次が群馬県で289.8件。以下、佐賀県242.6件、宮崎県232.0件、福岡県221.1件と続く。(図表4、次頁補足表①)
  • 都道府県別に人口10万人あたりの交通事故死者数(1~7月の累計)をみると、最も多いのは、高知県で2.7人、次が徳島県と山梨県で2.5人。以下、香川県2.4人、秋田県、2.0人と続く。四国は愛媛県も人口10万人あたりの交通事故死者数が1.9人と、6番目の多さで、交通事故による死者が発生する割合が相対的に高い。(図表5、次頁補足表②)

本記事のPDF版はここからダウンロードして下さい。
コロナ禍での交通事故発生状況-2021年7月
(別途Adobe Acrobat Reader等が必要になります)

お問合せ:㈱ 現代文化研究所 市場戦略情報第一領域(担当 原田

モビリティ情報モニタリングについて

我が国の省庁等、政府系機関からは日々多種多様な情報が発信されます。(株)現代文化研究所はその中から広くモビリティに関する注目情報を所定期間にわたりピックアップ、テーマを設定しその切り口から関連情報を整理し、お伝えするものです。

直近5回の配信内容
第32回 2050年カーボンニュートラル実現とグリーン成長戦略
第33回 2050年カーボンニュートラル実現とグリーン成長戦略(その2)
第34回 コロナ禍での交通事故発生状況-2021年4月
第35回 コロナ禍での交通事故発生状況-2021年5月
第36回 コロナ禍での交通事故発生状況-2021年6月

※取り上げてほしいテーマ/情報等がありましたら、または、ご質問、ご意見は、以下のリンクからメールにてお願いします。
お問合せ:(株)現代文化研究所 市場戦略情報第1領域

お問い合わせ・
ご相談

お問い合わせ

03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)

03-3264-6021
(10:00-18:00 土日祝除く)